僕の見方・考え方8

今日も、実際に僕がお店を運営する中で得た学びを、あくまで僕独自の視点でお話ししたいと思います。

本日は、 今できる準備をしたのなら、まずやってみよう というお話です。

 

『 はじめの一歩を踏み出す勇気  』

僕のもとに集まってくるスタッフは、ラーメンが大好きで、ラーメンの調理技術、店舗運営を学びたいと思って入社してきます。

そして、そのほとんどが3年~5年で独立をしていきます。

すんなり独立していく人間もいるし、なかなか思うようにいかずに悩む人間もいます。

すんなり独立していく人間、なかなか思うようにいかない人間、この両者を分ける決定的な違いはどこにあるのでしょうか?

すんなり独立していく人間は、独立するまでの期限を自ら決め、まだ学ぶことはあるけれど、よし、いっちょやってみようと最初の一歩を踏み出す人間です。

それに対し、躊躇している人間は、あれも学ばなければいけないし、これも十分にできていない。 だから、あともう少し勉強しようと考える人間です。

IMG_4273

どんな仕事でも一生勉強だし、勉強を終了するのはその仕事を辞めた時だよと、僕はスタッフによく話をします。

今の仕事を続ける限り、これで学びが終了することは永遠にありません。

ひとつ課題がクリアすれば、次のステージの課題が初めて見えてきます。

これができていない、あれができていないなんて、独立しないタダの言い訳に過ぎないと思います。

これまで様々な業種の独立してきた人を見てきましたが、はっきりいって真面人な人ほど、独立に躊躇しています。

まずは、第一歩を踏み出し、走りながら、修正していく。

人生一生学びだから勇気をもって思い切って自立する、そういう考え方が大切だと思います。

100%になるまで準備をしていては、遅いのです。