僕のあり方・生き方3

人生においても、ビジネスにおいても 成功に必要な大切なことは

・自分がどういう信条で生きるか

・どういう理念でビジネスをするのか 

です。

僕はどう生きるのか・事業はどうあればいいのか  という視点を深く意識しながら、人生もビジネスもやってきました。

人生もビジネスも成功の定義は人の数だけ、会社の数だけあると思います。

自分自身が納得する人生。

その会社らしい経営。

今日も、僕がこれまで生きてきた中で考え、ビジネスをしてきた過程で学んだ、生き方・あり方というテーマでお話をしていきたいと思います。

 

「 夢や目標について 」

今、私には夢も目標もない。

どうしたら、夢や目標を持てるのだろう?

と思っている人は多いと思います。

僕はその話に対して、前々回 僕の生き方・あり方1 でお話しした通り、

「 目の前にある景色、つまり、あなたの前の全ての出来事、人をご縁だと思い、いいことも、悪いことも真摯に受け止め、念を入れて答えていく 」

このような姿勢で日々、取り組んでいる人は、夢や目標が自然に見えてくるし、自分の人生の成功を収めると僕は考えています。

だから、今、夢や目標がなくても、目の前のことに一生懸命取り組めば、それでいいじゃんって答えています(笑)。

実は、 僕だって最初から夢や目標があったわけではなかったです。

僕の生き方・あり方1

 

世の中には大きく分けてふたつのタイプの人間がいるそうです。

 ・ 目標を立ててそれに向かうタイプの人間

 ・ 運命に従い目の前で起こる出来事を受け入れコツコツとやって行く人間

目標タイプの人間は、やりたいことや夢に対して具体的な目標を掲げて、一つ一つ実現させていく人です。

手帳に夢を書き留めたり、目標のために必要な勉強をし、実際に自分でトライしながら確実にスキルアップし、人生の夢にむけたプランを具体的に作り、進んで行く人、あなたの周りにもいるのではないでしょうか。

もう一方の運命タイプの人間は、夢や目標へのアプローチの仕方が、目標タイプの人間とは違います。

漠然とした夢や目標はあるのですが、具体的な方法については言及せず、人生の展開、流れに任せていくという人たちです。

人とのご縁から仕事が広がったり、本を読んでひらめいたり、偶然ネットやメディアの情報からアイデアが浮かんだり、一見関係ない趣味から夢が広がったり。

無駄だと思えるような行動も、ひらめきや偶然性に身を任せていくことで、いつの間にか夢や目標を達成している人達です。

※僕はまさに運命タイプの人間です。

 

「 夢の叶え方 」 としてポピュラーなのは夢に日付を入れ、一つ一つ目標に落とし込みながら達成していく方法です。

あなた自身が目標を決めた方がわくわくするしモティベーションも上がると思うなら、そうすればいいのですが、目標を決めると窮屈だし、自分のペースでできなくなると思うなら、決めなくてもよいと僕は思います。

僕自身も30代前半に、夢を作り、日付を入れていましたが、その方法はなんとなくしっくりきませんでした(笑)

僕の場合は、目標を決めずに、流れのまま目の前のご縁に魂を込め成長してきた典型的なタイプだと思います。

関心のあること、魂が強く興味をひかれることに対し、素直にその物事に念を入れてやってきたら、自然と視野が広がり、事業も広がり、活動範囲も広がってきました。

導かれたっていう言い方がしっくりくるかもしれないです。

目標を立てて生きてきた人間にとって、僕みたいなスタンスは、理解するのは難しいと思います。

はたから見ると、ただ、運がいいだけじゃないかと思われる方も多いと思います。

流れのままに、ご縁がある目の前の出来事に念を入れて生きていくだけ。

とてもシンプルです。

今現在、夢や目標がない人は、ご縁のある目の前の事を魂を込めてやってみましょう。

結果に一喜一憂せず、自然体で自分の目の前の出来事に念を入れて進んでいけばいいのです。

それを日々積み上げ、1年づつ積み上げていけば、あなたの真の人生は動き始めると僕は思います。