年末のご挨拶

img_9260

今年もあと1日余りとなりました。

去年もお話ししましたが、時間がまさに束になって過ぎていく、そんな1年でした(笑)

2016年 僕のラーメン人生20年目の年でした。

名古屋のJR鶴舞駅高架下で中華そば 鶴舞一刻屋を立ち上げ今や国内外で50店舗以上のグループ店舗を持つまでに至りました。

ただのラーメンオタクだった僕が、こんな世界の景色を見るなんて、始めた当初は予想もしませんでした。

以前ブログにも書きましたが、ある講演会に出席した時、その講師から 

『 絆を大切にして、商品もレシピもノウハウも出し惜しみをせず、ご縁のあった人たちに与え、分かち合って商売をしていけば、加速度的に澤くんのラーメンは広がっていくと思うよ 』

とアドバイスをもらいました。 

僕の見方・考え方3

そのアドバイスが当時の僕には全身に電気が走ったような衝撃で、ズドーンと腑に落ち、それ以降、その考えを誠実に実行しました。

ホントに僕のラーメンは広がっていきました。

最近、ラーメンに携わっている企業の中でもある程度の存在になってきているので、目標年商、店舗数は?、5年後、10年後のビジョンは?とよく聞かれます。

誤解を恐れずにあえて言うと会社の規模や年商に僕は全く興味がありません と答えています。

あまちゃんと言われるかもしれませんが、僕は、会社の大きくしたいという気持ちや年商をより大きくしたいという気持ちは当初からなかったですし、今でもその考えは変わっていません。

それよりもラーメンでつながったご縁一つ一つを大切にし、そのつながり一つ一つにしっかり念を入れて共に仕事していくという思いで、これまでやってきました。

ただそれだけなんです。

これも以前ブログに書きましたが、僕が大事にしている言葉があります。

昭和の思想家 安岡正篤さんの 『一燈照隅・萬燈遍照』という言葉です。

僕の見方・考え方4

それぞれが一燈 つまり光り輝くことで自分のいる場所を照らす。

周りの人達一人一人を照らしていくことが、やがて連鎖していき萬燈となりみんなが輝いていく。

世界が輝いていく。

そんな解釈を僕はしています。

僕は、僕と関わる全ての人とのご縁は必然であると思っています。

まず、ラーメンでご縁を頂いた身近な人達(僕の家族や会社のスタッフ、パートナーの会社の人達) をひとりひとり照らしていきたいと思っています。

一人一人を照らすためには、まず、僕自身が、楽しいこと、わくわくする事を率先模して行い、自ら輝き続けることが必要です。

その楽しい、わくわくしている輝きが僕の周りの人達を照らしていき、周りの人達も輝きだす。

そういった善のスパイラル、ポジティブなスパイラルを来年以降も作っていきたいと思っています。

それの積み重ねが最終的に事業発展になっていくと思いますし、社会貢献にもなっていくと僕は信じてやっています。

来年以降も、いただいたご縁一つ一つを大事にしていきますし、今まで縁をいただいていた周りの人達ともしっかりかかわりながら、共に成長していきたいと思っています。

今年、ご縁をいただいた皆さまありがとうございました。

来年新たに出会うであろう皆さま、ぜひよろしくお願いいたします。

     株式会社55style 代表 澤竜一郎

 

※フジヤマ55大須総本店のみですが、明日も元日も休まず営業します。 是非ご利用ください。