僕の生き方・あり方10

人生においても、ビジネスにおいても 成功に必要な大切なことは

・自分がどういう信条で生きるか

・どういう理念でビジネスをするのか

です。

僕はどう生きるのか・事業はどうあればいいのか  という視点を深く意識しながら、人生もビジネスもやってきました。

人生もビジネスも成功の定義は人の数だけ、会社の数だけあると思います。

自分自身が納得する人生。

その会社らしい経営。

僕がこれまで生きてきた中で考え、ビジネスをしてきた過程で学んだ、生き方・あり方というテーマでお話をしていきたいと思います。

今日は、いつもこのブログで話しているホントは誰でも自分の人生の成功者になる可能性を持っているという話です。

今日の話もぶっ飛んでます。

でも、真理だと思ってます。

※注意 今回の話は、宗教の話ではありません。 でも、時々 澤さん教祖じゃない?! って言われることがあります(笑)僕は自分教です(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

「 あなたは出来る事を知っている 」

僕はキアヌリーブス主演の映画『マトリクス』が大好きです。

映画の中で僕が衝撃を受けて心に刻んだセリフが二つあります。

一つ目は主人公のネオが、師範のモーフィアスに武術の指導をしてもらっている時のシーンです。

その武術指導の中で師範であるモーフィアスがこう言います。

「早く動こうと思うな、早いことを知れ」

この映画を見た人は、印象的なシーンなので覚えている人も多いのではないでしょうか。

そして、もう一つの印象的なシーン。

ネオが高層ビルと高層ビルの間を走って飛んで渡る場面で

同じく、モーフィアスが 

「心を解放しろ」と言います。

「きみはきみの心の囚人」

心(常識)の囚人になっているから飛べないし、早く動けないのであって、心を解放すれば、思うとおりになるという事を啓示しています。

この心を解放するということが、早いことを知る、飛べる事を知ることになります。

心を常識や固定観念で縛られているので早く動ける能力があるのに発揮できていない という事なのです。


人間は生まれて物心がつくまで、実は何も制限なく出来る事を知っていました。

たとえば、赤ちゃんが立てるかな、もしかして立てないかもしれないって思うでしょうか(笑)

言葉をしゃべれないかもしれないって、思うでしょうか?

物心ついてない赤ちゃんは、出来る事を知っています。

つまりマトリクスで言う早く動ける・飛べることを赤ちゃんは知っているということです。


なぜ、出来る事に疑いがないのでしょうか?

それは、赤ちゃんが純粋性に満ちているからです。

裸のまま、ピュアなんです。

なにも常識という刷り込みがない、純粋な意識で行動しています。

だから、可能性MAXなのです。

でも、この可能性MAX状態の赤ちゃんが、いつしか物心が芽生え、大人に成長していく過程で、この純粋性を失ってしまうのです。

こうであるべきという社会の常識やルール

両親、学校の先生から受けたあなたは出来ないよという暗示、刷り込み

つまりモーフィアスの「 心の囚人 」になって純粋性を失っていくのです。

ありのままの純粋性を持った心を呼び覚まし、子供の頃のピュアな心を意識しましょう。

そうすれば、自分の中の深い深い部分に眠っていた、できるという意識を徐々に解放することができると思います。

僕は、誰でも実は出来る事を知っているとおもってます。

大人になるにつれて、知らず知らずのうちに箱にしまって、鍵をかけてしまっただけだと思っています。

キーワードはピュアです(笑)

僕、ピュアかな⁈