僕の生き方・あり方14.1

人生においても、ビジネスにおいても 成功に必要な大切なことは

・自分がどういう信条で生きるか

・どういう理念でビジネスをするか

です。

僕はこれまで人生もビジネスも、どう生きるのか・事業はどうあればいいのか  という視点を深く意識しながらやってきました。

人生もビジネスも成功の定義は人の数だけ、会社の数だけあると思います。

自分自身が納得する人生。

その会社らしい経営。

僕がこれまで生きてきた中で考え、ビジネスをしてきた過程で学んだ、

見方・考え方 

生き方・あり方

という2大テーマでお話をしていきたいと思います。

本日は、人生の歩き方編である 僕の生き方・あり方です。

飽きる というテーマで書いています。

 

「飽きてからが本当の勝負」

以前もこのブログに書きましたが、人間は飽きる動物ともいわれるように、コツコツと継続するのってほんとに難しいものです

ラーメン屋の仕事は、正に継続する仕事といえます。

弊社は各店舗で、ラーメン・つけ麺を毎日愚直に手間、暇をかけて作り続けています。

地味に、毎日、同じことの繰り返しです。

もう、かれこれ15年以上は作っているので、少なくとも僕がラーメン屋を立ち上げてから1000万杯以上、実際に作っている計算になります。

毎日が、本当に同じことの繰り返し、同じものを作り続けているので、当然、飽きが来ます(笑)

たぶん、このブログを読んでいる人の中にも今現在、自分の仕事や日々の生活に飽きている人 いるんじゃないでしょうか(笑)


IMG_5003

 

例にもれず、うちのお店でも毎日同じルーティーンですので飽きてくるスタッフがいます。

そんな時 僕は、「 飽きてからが勝負だからね!! 」って言います。

僕の体験からきているのですが、毎日、同じことを地道にやり続けると、突然、天から降ってくるというか、重要なことを発見する瞬間があります。

あーこういう仕組みなのか!!

そっか、この感覚の違いはここからきてるのか!!

的な、言葉では表せない感覚の世界ですが、発見するんです。

これは、今やっていることを愚直に継続していくことで、ある時、臨界点みたいなものに行き着き、ブレイクスルーするんだと思うのです。

まさに「継続は力なり」ということを体で感じることができます。

そして、もう一つ、継続することで素晴らしい事があります。

ほとんどの人が途中で飽きてやめてしまうので、一つの事を続けるというのは、だれも見たことがない世界へ行ける数少ない人です。

だから、日々愚直に継続することで、その分野では突き抜ける事になるので、確立的に勝ちやすくなります。

あのイチローさんも

「 小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。」

と言っています。

イチローさんだって、何回も飽きてると思いますよ(笑)

あの秋元康さんも

「 誰しも最初は頑張ろうと思うものですが、えてして飽きてしまいます。

しかし、一流の方々が飽きることはないのです。仕事に慣れてからどこまで貪欲になれるかが勝負です。」

 

IMG_5016

 

飽きた時にアナタの真価が問われます。

愚直に継続できるのがプロフェッショナル、途中でやめたらアマチュアです。

あなたが、継続していることはなんですか?

時にはやめたくなったり、苦しくなったりすることもあるでしょうが、継続すれば必ず花開くと僕は信じています。

今やっていることが、好きであるならば、泥臭く続けていくことを僕は勧めます。