僕の生き方・あり方15

人生においても、ビジネスにおいても 成功に必要な大切なことは

・自分がどういう信条で生きるか

・どういう理念でビジネスをするか

です。

僕はこれまで人生もビジネスも、どう生きるのか・事業はどうあればいいのか  という視点を深く意識しながらやってきました。

人生もビジネスも成功の定義は人の数だけ、会社の数だけあると思います。

自分自身が納得する人生。

その会社らしい経営。

僕がこれまで生きてきた中で考え、ビジネスをしてきた過程で学んだ、

見方・考え方 

生き方・あり方

という2大テーマでお話をしていきたいと思います。

本日は、自分の人生の主導権は自分で握るというお話です。

「 自分で自分の人生のハンドルを握る 」

最近僕は、自分の人生を他人にゆだねて、他人に人生のハンドル、かじ取りをしてもらっている人がけっこう多いなーって感じています。

特に、日本人は真面目な人が多く、真面目に生きている人ほど、その傾向が強いと思います。

周りの人に悪く思われるのが嫌だから…

両親がこうしなさいって言ってるから…

学校の先生に怒られるから…

会社のルールだから…

社会の常識でしょ

等々

本当の自分は、これをすごくやりたいのに周りの目を気にしたり、評価を気にしたりして最終的にやらない。

それって、自分を見ないで他人を見てますよ。

それって、ホントに自分の人生を生きていますかって。

最近、すごく僕は思うんです。


自分の人生のハンドルを自分で握って運転しましょうよ。

やりたい事やりましょうよ。

自分の人生の答えは、両親や学校の先生や友達、会社の上司は持っていません。

人生の成功者は、自分の人生を100%自分でハンドルを握って、自分が楽しくてワクワクする方向に進んでいく人だと思います。

僕のまわりでも、輝いている人は、いわゆる世間一般の常識人とはかけ離れてます(笑)

自分の人生の責任、他人が持ってくれますか?

自分で自分のハンドルを握り自分の意志で行きたい方向に進むためには、

自分の人生 良いところも、悪いところも、出来る自分もできない自分も100%受け入れ、自己承認し、自分を自己愛MAXで愛してあげる自分でいることがとても大切です。

要は、自分自身を好きになるという事につきます。

こんな自分でも大好きなんだよなー

これが自分だから、いいんじゃない

的な感覚が大切です。

完璧じゃなくてもいいんです、自分は自分なんだから、許して、愛してあげるみたいな感じです。

そういう状態になったなら、他人に何を言われようが、世間の常識、慣例があろうが、関係なく自分の意志でハンドルを握ることができるのです。

他人の人生に憧れたり、比較するという事からは、本当の自分の人生は生きられないのです。

あなたの人生のハンドルは、だれが握ってますか?