僕の見方・考え方33

人生においても、ビジネスにおいても 成功に必要な大切なことは

・自分がどういう信条で生きるか

・どういう理念でビジネスをするか

です。

僕はこれまで人生もビジネスも、どう生きるのか・事業はどうあればいいのか  という事を深く意識しながらやってきました。

人生もビジネスも成功の定義は人の数だけ、会社の数だけあると思います。

自分自身が納得する人生。

その会社らしい経営。

僕がこれまで生きてきた中で考え、ビジネスをしてきた過程で学んだ、

見方・考え方

生き方・あり方

という2大テーマでお話をしていきたいと思います。

本日は、自分の人生の目標を設定する事の重要性についてです。

『 目標設定が人生を成功に導くカギ 』

先日、毎年恒例になっている小田和正さんのコンサートのケータリングに行ってきました。

今年は、ラーメンは封印して、名古屋名物の味噌煮込みを作ってきました(笑)

ケータリングが終わったそのあとは、小田さんのコンサートを見て帰るというのがお決まりのパターンです。

実は、小田さんって、今年71歳なんです。

でも、あの高いキーの曲をキーを下げずに、毎年 あのクリアーな声で歌っています。

71歳っていたら、一般的に言ってお爺さんです(笑) 信じられないです

僕は毎年コンサートを見るたびに、小田さんが発する

『 いつまでも待っているファンがいる限り歌い続けます。また会いましょう!! 』

という言葉にとても感銘を受けています。

何と意識が高いのでしょうか!!

コンサート中は走りながら歌ったりと元気いっぱいなので、日々トレーニングを欠かさずにしているんだと想像できます。

このコンサートは、オフコース世代の40歳から50歳が主な客層ですが、毎回71歳の小田さんからその40代50代がめちゃくちゃ元気をもらっていると思います。

71歳の小田さんがこんなに頑張っているなら、自分も頑張らないとなー 的な。

小田さんが意識が高いのは間違いないのですが、ずーと元気にあの声をあの歌を届け続けることができるのは、具体的な目標設定をしているからだと僕は思っています。

逆に、目標を設定せずコンサートを毎年していたら、71歳までは、絶対に続けていられないでしょう。

僕も、同じように人生において目標設定がとても大事だと思ってこれまでやってきました。

この目標設定をすることの有効性について以前読んだ本の中にこんな話がありました。

ハーバード大学の学生に対して

卒業する時に明確な目標とそのための具体的な計画を紙に書いているかどうか?

についてアンケート調査したそうです。

それによると

%の卒業生が、明確な目標と具体的な計画を設定し、紙に書き残している  と答え

13%の卒業生が、目標は設定したが、特に紙などには書いていない  と答え

84%の卒業生が、卒業後の夏を存分に楽しむこと以外は特に明確な目標は設定はない  と答えたらしいです。

そして、彼らが 後にどのような人生を歩んでいるかについて追跡調査しました。

その結果、生涯にその人が得られる収入に関して驚くべきことが判明したそうです。

目標は設定したが紙にまでは書かなかった13%の卒業生は、特に明確な目標を定めず従って紙にも書き留めなかった84%の卒業生の2倍の収入を得ていました。

明確で具体的な目標を持ち、それらを紙に書きとめていた3%の卒業生は、残り97%の卒業生の実に10倍の収入を得ていました。

この結果は

明確で具体的な目標設定をすることが人生を成功に導く最も重要なのカギ

であるということを明確に示しています。

自分の可能性を信じ、素直に紙に自分の本当にかなえたい夢と明確な目標、計画を書き、一つ一つを行動に移すことが、人生の成功そして人生の幸せにつながっていくと僕は確信しています。

あなたの人生の目標設定は何ですか?

仕事の目標設定は何ですか?

最近、机を整理していたら、6年前の正月に僕が作った目標、計画を記したファイルが出てきました。

読んでみると、8割がた実現していました。

やっぱり、目標は書いたほうがいいです。 強くお勧めします。